本文へスキップ

一人暮らしの場合

箱詰めしてもらわずに、家電などを輸送してもらうこと専用で引越し業者と契約するという、スタンダードな用法が良いと思っているのなら、思ったよりは引越しの料金がかさまないというのが一般論です。
昨今、引越し業者というのは随分多くございますよね。トップクラスの企業だけの話ではなく、零細企業でもよほどのことがない限り、単身者に似つかわしい引越しを請け負っています。
依頼人にちょうどいいシチュエーションで日取りを固めることができる単身引越しを使いこなして、20時くらいまでの選ばれにくい時間を予約して、引越し料金をちょっとのお金にセーブしましょう。

1人分の荷物の引越し・要領がわからない単身の引越しは思った通り、どのぐらいの荷物量になるかが判断できずに、割安な料金でやってくれるはずと思いがちですが、手抜きが落とし穴となって追加料金がかさんだりしてしまいます。
不慣れな引越しの見積もりには、やたらとたくさん特別サービスが増えてしまうもの。何とはなしに不要不急のことを頼んで、ダメージを被ったとかいう引越しは感心しません。
奥さんが申し込もうとしている引越し単身者用で、果たしてOKですか?改めて、公平に決め直してみたほうが良いと思います。
数年前から、安い引越し単身パックも進化しており、1人1人の搬送品の量に合致するように、様々なオリジナルボックスが準備されていたり、近隣への引越しではなくても差し支えない形態も用意されているようです。